工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

抽手の仕口を〈寄せ蟻〉で

寄せ蟻 抽手(手前左だけが加工済み)

抽手やつまみを木製のカスタムメイドで作ることがあります。

私は抽手やつまみは基本的にはハードウェアとしての金属製が望ましいと考える立場ですが、思うようなものが入手できない場合などでは木製という選択肢に拡げることもあります。

刃物ストレージ(抽斗部分はルータービット収納)

これまで多くの抽手を作り使ってきましたが、あらたに木製のハンドルを作ることに。
これは刃物の収納キャビネットを制作した際に試みたもので、いわば試作段階ですが、結構いけてますので意匠的にはさらにブラッシュアップさせたうえで定番にしようかと考えているところ。

形状に特段の新奇性があるわけでは無いのですが、仕口はちょっとユニークかも知れません。
抽斗前板との接合部(脚にあたる部位)を寄せ蟻の仕口にしてみたのです。

More »

BOSCH 12Vコードレス電動カンナへの羨望の眼差し

前回ご案内したBOSCHのエルゴノミク ハンディトリマ・GKF10.8V-8H ですが、バッテリーのLi-Ion化による蓄電量の増大を背景に様々な工具をコードレス化させている時代の1つの表象でしたが、同じ10.8V(12V)シリーズで、BOSCHからはプレナー(電動鉋)がリリースされています。

残念ながら日本国内での販売は無く、海外から取り寄せるしか無いのかなと思ったところ、Amazon Japanでの取り扱いがあるのですね(こちら)。
これはBosch Japanによる正規販売ではなく、輸入業者による国内取り扱いなのでしょう。

国内でも同じBoschの18Vのコードレス鉋を含め、マキタなど、コードレスの電動鉋を製造販売しているところですが、なぜこのBOSCHの10.8Vという非力な機種に興味を持つかと言えば、前回のBOSCHハンディトリマと同じように、刃の短さと小型というユニークさへの関心なのです。

一般には、前述のBosch、マキタも含め、小型の電動鉋のブレードの短いものでも82mmというのが規格になっているようです[1]

これに対しBOSCHのこの機種は56mm、そこに魅力を覚えます。これは一般的な手鉋と変わらぬ程度の刃幅ですね。

鉋イラスト

一般には鉋は可能な限りに幅が広く、長い台を持つ方が平滑に削れ、かつ作業能力的に優れていることは言うまでも無いのですが、大は小を兼ねない場合もあるのです。

More »
❖ 脚注
  1. ところで、この52、82、110、136、という刃幅、この数値ステップですが、なぜこのような寸法規格になっているのでしょう?
    卑見では、建築資材の柱などの2.5寸、3寸、3.5寸、4寸、という一般的な規格材を削るに適切な刃幅、という見方もできないわけでは無いですよね? []

BOSCH 10.8V コードレストリマー GKF10.8V-8H

BOSCH GKF10.8V-8H

ボッシュからコードレストリマーが販売されている事を知ったのは、最新のFWW誌 No.273の紙面からでした(右下)
その記事のタイトルは「Handy ergonomic router」というもの。

FWW #273 より

うちには Porter Cable〈PCE6435〉をはじめ、数種のトリマーがあり事足りているところですが、コードレスという利便性と、米国仕様では〈Palm〉と銘記されてるところからもお分かりのように、Handyで、ergonomic な構造と意匠にそそられ、購入に踏み切ったところです。

因みに、この機種の販売時期ですがAmazonには昨年3月の登録になっています(日米共に)ので、既に9ヶ月の余が経過するようです。知らぬは私だけだったのかも。恥;

Bosch Japanの公式機種名は、本件記事タイトルの通りで素っ気ないものですが、このFWW誌の表記こそがその特徴を良く捉えていると思いました。
以下、そうしたところを重点的に紹介していきましょう。

More »

マホガニーの講壇(Pulpit)2

前回に引き続き、少しディテールなど。
ただ、制作途上は時間的余裕も無かったことから、写真撮影は限られたものしかありません。

講壇本体

まずは講壇本体の背部からのショット。
駆体内部は棚が1枚。
机面はA4サイズの書見台の他、左右にマイクロフォンを置くスペースほどの広さで設計。
下はフリーな空間。

マイクはワイヤレスを使うという仕様で、本体への穿孔はありません。

最上部の〈〉状の枠ですが、ここは1枚の板を成形し、正面、側面を留め結合。背部はDominoを用いた枘の仕口。

その下の枠は傾斜させての留め結合です。
この留め部分、最初はうっかり正45度でカットしちゃったのでしたが、これが大間違い。
傾斜での留めの勾配は、規矩術による計算が必要とされますね。

留めはZeta P2などで堅固に接着させています。

こうした傾斜での枠構成ですが、設計段階ではお気楽に楽しく描けますが、いざ加工する段階となると、頭を柔軟にさせ、それまでの経験を総動員しつつ、慎重に挑まねばいけません。
また挑まずに容易な手法を選択すれば、その後のデザインの拡張も、技法の練達も閉ざされてしまうだろうことも明かですね。

More »

講壇、あるいは説教壇(Pulpit)

講壇

教会で牧師が説教するための壇です。
牧師からの依頼で制作しました。

いくつもの意匠を提案させていただき、最終的に残ったのがこれです。
この意匠は必ずしも教会という特異な場における壇というものでもなく、一般的な講演台などにも用いられるデザインかもしれません。

構成と特徴

駆体は凸型の断面を持ち、上部のテーブルトップの部分は〈〉の形に傾斜させた枠が特徴的です。

この凸部分に合わせ、台輪も様式的と言えば良いのか、少しデコラティヴに構成しています。
駆体のボリュームと上部枠部位のボリュームの差があるため、これだけの台輪が必要とされたというところです。
そのため、これ自体、なかなかやっかいな作りではありました。

この講壇ですが、まずは何よりもマホガニーで制作して欲しいとの必須の条件が。
私がホンジョラス産の真正マホガニーを在庫してることを良く知る顧客でもある牧師からの依頼でした。

在庫する限りあるマホガニーの中から、最上品をふんだんに用いたものです。
いずれも矧ぎ無しの1枚板で構成しています。
教会の講壇を なんちゃってマホガニー(アフリカ産など、名称だけはマホガニーを僭称しているものの、その実 似て非なる材種)や、複数枚の矧ぎで構成するなどはもっての他ですから。

More »

systainer® と マックパック と システムケース と L-Boxx(続

昨年末の記事が途中になっていましたので、続けます。

承前)
電動工具メーカー・BOSCHは日本国内でも古くから市場展開していますので、ユーザーの方も多いのではと思います。
ここ数年、BOSCH製品を購入された方は systainer®、マックパック、システムケース とは異なる筐体に入ってきたよ、という人も多いことでしょう。
そうです。電動工具収納ケースの世界で第四の規格品が展開されています。
L-Boxx〉というシリーズですね。

詳細は不明ですが、独のSortimo という車載関連のメーカーが開発した可搬型の収納ケースです。
この〈L-Boxx〉、電動工具メーカーではBOSCHが先行して採用しているようで、他の工具メーカーがこれに追随採用している様子は今のところ不明です(最下段に収納ケースごとのメーカー対応図表を置きました)。

More »

迎春

2019. 1. 1

                                                                                                                                                                                   2019年も明けましたが、本Blogをこれまでにも増して、ご愛顧の程、どうぞよろしくお願いいたします。

工房 悠

systainer® と マックパック と システムケース と L-Boxx

sustainer

工房の年末整理を終えたところかもしれませんが、今回は電動工具などの収納整理に関わる四題噺でも…。

既にこのBlogではFestool社が先行的に採用してきたsystainer®という規格品の収納Boxについては何度か触れてきたところです。

さて、これと互換性があると思われる収納Boxが国内でも販売され始めていることにお気づきお方も多いかもしれませんね。

マキタや日立工機(おっと、現在はこの社名は無くなり、本年8月から「工機ホールディングス株式会社」[HiKOKI] という名称に変更されてますね)などの工具を購入したところ、この収納Boxに納められていることに気付かれた方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、名称はsystainer®ではなく、〈マックパック〉(マキタ)あるいは〈システムケース〉(HiKOKI)という名称で・・・。
(HiKOKIの場合、海外においては〈STACKABLE CASE SYSTEM〉、あるいは〈HIT-System Case〉とも呼称されているようですが、いずれも製品としては同一のものと考えられます。国によって、あるいは時代の変遷により呼称も違っているのでしょうか)

余談ですが、Link先のWebサイトをご覧いただければお分かりのように、HITACHI という名称は欧米においても強いブランドイメージがありながら、本家本元の日本ではHITACHIの名称は消え去り、HiKOKI (ハイコーキ)などと良く分からない社名に変更されるというのは、いちユーザーとしても残念なことではあります。
この新しい〈工機ホールディングス株式会社〉という会社ですが、日立本体との資本関係も全く無いとのことですのでやむを得ない経緯なのでしょう。

More »

職能の獲得と経験

先のノギスに関する、クソリアリズム的小論ですが、自分でもアホクサと思いつつMacのキーを叩いたのでしたが、この種のチップを書き始めたらいくらでもでてきそうで、程々にしないといけませんね。

しかしこれらは一見何気ないものに思えても、実は現場においては有用なことが多いものです。
そうでありながらも、意外と気付かず鈍くさい方法を取り続けるということもあるでしょう。

職人もモノづくりに向かうその思考スタイル、あるいは手の捌き、道具への関わり方、そうしたものは千差万別で、私も他人の手法を視てるとすごい、すごい、と感心することも屡々ですし、逆に鈍くさいことしてるな、と思うこともあるものです。

ある程度の規模の木工所であれば、親方、兄弟子、あるいは後輩と、様々なキャリアの職人の共同体的な職場状況で多くのことを学ぶことができます。

私は木工を生業として生きていこうと決め、その後いくつもの木工産地、あるいは木工家といわれる人を訪ね歩いたのでしたが、最終的に選んだのは信州の松本民芸家具でした。

理由ははっきりしています。
大量工業生産物ではない、本来の木製家具の製作現場の職人集団として形成され、意志のある若者を積極的に受け入れ、修行する場としては最適だろうと考えたからです。

そこでは熟練の親方から老齢の職人、勢いのある兄弟子にしごかれ、玄翁で叩かれながらも、彼らの仕事を盗み見し、仕口の加工法、段取り、あるいは巧緻な逃げなども含め、多くの事を学ぶことができたものです。

More »

佐藤俊介 《Bach 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ》全曲演奏

秋の好日、浜離宮朝日ホールでの『佐藤俊介 Bach 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ』を聴いた。

佐藤さんは以前より古楽器による演奏団体、オランダ バッハ協会のコンサートマスターをしており、その頃から注目していた演奏家だったが、本年6月にオランダ・バッハ協会の栄誉ある芸術監督の座に就き、今回の日本国内ツアーはいわば凱旋公演のような趣の演奏会だ。

しかもバッハ・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータの6曲を演目に選ぶという力の入れよう。
もう、こうなれば四の五の言わずに聴きにいくしかない、との思いで駆けつけた。

浜離宮朝日ホールは久々だが、リサイタルの劇場としては規模も適度なホールで音響も悪く無い。
立地は築地市場の隣なので、然るべく寿司などを腹に収めてから入場するにはもってこいだしね。

あまりたらふくに満足しちゃうと眠気を催すのでマズイだろうが、パンフレットのページを繰る音さえ憚れるような雰囲気だったし、なんの、この日の演奏は緊張感にあふれ、18世紀半ばに描かれた五線譜から読み解かれ、バロックヴァイオリンから放たれる厳しく、あるいはまた優雅な調べは、天上から舞い降りる神の教えのように、充実した3時間余の時間を楽しむことができた。


遠目では良くは確認できなかったが、佐藤さんが手にするのはバロックヴァイオリン(私の席は前後の真ん中、左右の中央部)。

ネック部分はやや太く、指板がモダンヴァイオリンが黒檀なのに対しネックと同じ素材(メープル?)に象嵌で模様が施されており、柔らかく暖かみのある音色が特徴的でバロックヴァイオリンならではのものだったようだ。

たぶん、この音色の違いはヴァイオリン本体の違いとともに、パンフレットにも記されていたがガット弦であることでの響きの柔らかさに繋がっているのだろう。

佐藤さんは元々はモダンなヴァイオリン奏者として研鑽を積んできたわけで、たぶんこの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータも最初はモダンヴァイオリンで弾いていたのだろうと思う。
しかし今はオランダバッハ協会に所属しているという事を越え、自身の積極的な選択からバロックヴァイオリンを弾く。

ガット弦という自然素材ならではの困難はむしろ、毛の数が少ないというバロック弓と合わせたとき、良い響きを醸すとも語っていて、一方彼自身は五線譜はただの記録でしか無く、21世紀に生きる自分の解読と奏法で弾くのが私のスタイル、と語る潔さと対比したとき、その深遠な世界をのぞき見る思いがしてくるではないか。


More »