工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

Dewalt 〈DWP611〉の並行ガイド

Dewalt 〈DWP611〉+〈DW6913〉

Dewalt 〈DWP611〉+〈DW6913〉

コンパクトルーター、Dewalt 〈DWP611〉に関しては過去何度か取り上げてきましたが、遅ればせながら「並行ガイド」(Edge Guide)を導入しましたので、簡単に紹介しておきましょう。

なぜ今頃、という声も聞こえてきそうなほど本体購入からインターバルが空いてしまいましたが、これには理由があります。

1つは、この〈DWP611〉の活用場面では並行ガイドが必要とされるシーンはとても少なかったと言うことが挙げられます。

2つめとして、以前も日米電動工具の比較対照の記事の中で少し触れたことですが、この〈DWP611〉の並行ガイドのロッド位置、およびその仕様が、既に導入していたFestool社の〈MFK 700〉の並行ガイド(Parallel side fence)がジャストフィットし、これを代用することができたのです。(過去記事

Dewalt 〈DWP611〉+〈Festool:Parallel side fence〉

Dewalt 〈DWP611〉+〈Festool:Parallel side fence〉

さてところが、この〈MFK 700〉の並行ガイドでは、作業内容によってはその機構上求めるセットアップができず、しぶしぶながらあらためて正規のアタッチメントとしての並行ガイドを求めることに(写真右がそれですが、緑の微調整ダイヤル部分が、本体寄りの位置であるため、これが邪魔をする機構となってしまっている)。

そんな経緯でしたが、こうして正規のモノを導入してみれば、本体購入と同時に買っておくべきだったかと痛く反省するというお粗末な話しではあります。

前振りはこの程度で、この並行ガイドの特徴などを検証していきましょう。
More »

建具(その2)

建具の技術的な側面からの特徴

建具というものは空間を間仕切りするものですので、その構成は基本的には家具が三次元の立体であるのに対し、二次元の平面体です。

一見、家具の方が高度な技能を要求されると思いがちですが、必ずしもそうしたものではないことは知っておきたいところです。
確かに家具を構成するエレメントは多様でしょうし、またそれぞれ複雑な構成になり、制作においてはそれに応じた複雑で様々な技能が要求されるということがあります。

他方、建具では平面構成とはいえ、装飾性の強い意匠の建具の場合などに典型的に視られるように、家具制作における指物師のように精緻な技法を投下しなければ接近することさえ許されません。

ま、確かにこれらは特殊な部類に属するものかもしれませんし、一般的な住宅に要求される意匠、構成においては基本的な木工技能を備えていればそれなりのものもできるかもしれません。
最近では窓におけるアルミサッシの普及に視られるように、工業製品の金属素材のものが積極的に導入されており、モダンな建築意匠では窓のサッシに留まらず、間仕切りから玄関ドアまで、金属製の建具を見掛けることもめずらしくないという現状があります。

そもそも、住宅建築における資金の融資においては外部に面する建具では防火性が問われ、木製など最初から排除されているわけです。

ますます住宅においては家具に留まらず、建具においても木製のものは分が悪いという状況下にあるわけですが、しかし、だからこそ、木製の家具、建具の良さ、品質というものを劣化させず、絶やさぬよう、日々弛み無く伝えていく必要もあろうというものです。

鉋イラスト

More »

衆院選投票日を明日に控え ③

改憲の先のファシズムか、民主主義を護るのか

衆院選で問われる課題は多様だ。

安倍首相が掲げた「消費税10%への増税の使徒」をめぐる課題。
確かに、国庫を覗けば借金の山で、これからの世代にその負債を担わせるのでは無く、2019年10月から施行されるはずの消費増税分をその穴埋めに使うというのが有権者への約束であったわけだが、この方針を根本から変え、社会保障や教育予算に充てるというのは、選挙目当ての人参ではあっても、財政基盤を揺るがしかねない無責任な経済政策ではあろう。

2011年、3.11東日本大震災、福島第一原子力発電の爆発、メルトダウン以降、原発を巡っては国論を二分する最大のテーマになっていたが、その後民主党政権であったことも幸いし、すべての原発が停止。
当時は東京電力供給地域での停電騒ぎなどもあったものの、新規火力発電所などの稼働や企業、一般家庭の省電力も促され、ここ数年は原発に依存することなく、ピーク電力消費時期にあっても、余裕を持った供給が確保されている。

ところが安倍政権は未だに福島第一原子力発電の廃炉のメドも立っていないにも拘わらず、原発を「ベースロード電源」と位置づけ、原発立地地域、周辺自治体の困惑をよそに、停止中の原発の再稼働を進めることに躍起になっている。
さらには東南アジアをターゲットとし、海外へとこの危険な原発の輸出を進めようとするなど、3.11の教訓などどこへいったのとばかりの白々さだ。


エネルギー戦略は現代社会にあって、大変重要な領域の問題だが、欧州、ドイツに見られるように、3.11の教訓から原発推進の戦略を大きく転換し、再生可能エネルギーへと一気に転換し、むしろそこから生ずる新たな経済戦略に価値を見出すなど、長い射程を見据え、将来性豊かな戦略を取ってきている。

こうして、3.11を機とし、世界は原発というエネルギー産業はもはや20世紀の遺物として認定されてしまったわけだが、日本という国はこれにしがみついて離さないという愚かなる時代錯誤的な戦略を取っている。

安倍政権のアベノミクスとやらが、5年経過してもなお成果を見ないという1つの要因として、この再生可能エネルギーへの産業基盤のシフトが為されないことが上げられるだろう。

ぜひ各党の原発政策を吟味し、3.11の教訓、さらには将来世代におけるエネルギー戦略の観点からも、この衆院選で交わされてきた議論を読み解くべきだろうと思う。

More »

衆院選投票日を明後日に控え ②

自公両党の目論見とは

2017衆院選当選者予測(毎日)

2017衆院選当選者予測(毎日)

さて「希望の党」の体たらくに助けられてるのは、自公の与党だ。
安倍首相の解散時の目論見をそのまま映すかのように、情勢分析では解散時勢力に近い300議席を越える勢いだと言われている。

あれだけ「安保法制」「共謀法」など、実質的な改憲をも意味するような戦争体制へ向けた法整備を強引なまでの国会運営[1] を見せつけられ、この春以来のモリカケをめぐる政治の私物化、国民共有の文書であるはずべき文書はのり弁と化すという情報隠し、官邸による徹底した官僚支配[2] など、有権者からすれば、戦後最悪とも言うべきやりたい放題の強引さには呆れかえり、これまでであれば鉄槌を下されて、大きく票を下げるという了解も、全く通用せず、いかに「希望の党」の裏切りがあったとはいえ、与党の強さには無力感さえ覚えてしまうほどだ。


この劇場型政治といわれる小池が仕掛けた一幕は間もなく下ろされようとしているが、翻って、前回の参院選に見られたような野党共闘を進めていれば、これほどの野党の低落傾向は無く、衆議院の構成もより緊迫化する程度の議席バランスに持って行けるはずだったと思うところもあり、小池の面を引っぱたきたい思いがある。

ただ一方、喜々として「希望の党」へとノシ付けて寝返った連中を考えれば、有象無象で構成される民進党(旧民主党も含め)も、前原松原仁のように、自民党議員よりよほど反共右翼的な議員も多く、民進党の解体の場が訪れるのは必至であったわけで、こうしてハチャメチャな経緯を辿っているとはいえ、本来の姿に整序されてきたと言う意味では、必然の流れであったとも言えるだろう。

松下政経塾OBをはじめ、その他の希望の党に雪崩れ込んだ議員の少なくない数が、本来は保守主義を掲げながらも、選挙区事情などから、自民では無く非自民、民進党から出馬するしかなかったという者がいるのが事実だ。

More »

♦ 脚注
  1. 先の予算委での「共謀法」審議は、予算委の決議をスルーして本会議に掛けるという無茶苦茶な暴挙まで []
  2. 内閣人事局による支配は安倍政権以降のこと []

衆院選投票日を明後日に控え ①

衆院選投票を数日後に控え、ニュースショーなどでは連日候補者の動向を報じ、情勢分析に忙しいが、私もここで少しくこのホットなテーマについて考えて見たいと思う。
決して難渋なものでも無いのでお付き合い願えれば嬉しい。

さて、公示日から行われている期日前投票だが、これまでの衆院選と較べてもかなりの数に上るとのこと。
これが投票率の増加を示すものであれば喜びたいところだが、たぶんそうしたものというよりは、この制度が衆知されてきたことによる活況なのだろうと思うがどうだろう。

私もたぶん22日の投票日には、豪雨と想定される悪天候の中、傘を差し指定された会場へと足を運ぶだろう。
ただここで1つ問題がある。私が選挙権を持っている選挙区での候補者には自信を持って投ずる人物がいないということ。

比例区には各党が候補者を並べており、意中の党の候補者に投ずることができるのだが、残念ながら選挙区にはおらず、さて、と首をひねり、たぶん投票所の記入コーナーでも、鉛筆舐めなめ、思案し、投票所スタッフに「さっさと投票してくださいね!」などとイヤミの一つも言われちゃうのでは無いかと今から心配するありさまだ。
More »

建具の制作


以前よりいくつかの家具を誂えさせていただいている顧客から住宅の建具の制作依頼があり、何度かの現地打合せを経、目下制作の途上。

うちの業務内容は家具制作がメインであり、建具制作を積極的に請ける態勢には無いわけですが、この顧客がたまたま我が家に訪問された折り、住まいに納まっている自作の建具を興味深く見入り、悠さんは建具も作るんですか、では、うちのもぜひに、との経緯。

今回の建具は13種、40枚ほどのボリューム。

用材の確保

あらたにタモ材の柾、40mm、天然檜の柾、40mmなど、それぞれ良質な材を手配。

私の家具制作においては、普段はタモ材を積極的に用いることはありません。
板目のあの大柄な木目はあまり好ましく思えないといった、極々個人的な嗜好からの忌避ですが、建具の材となれば、針葉樹の桧を別にすれば、このタモ材に信頼をおくことにためらいはありません。

言うまでも無く、柾目の通直性においては他材種を圧するからですね。
なにゆえ柾目の通直性を尊ぶのかと言えば、まず何よりも経年使用、季節変動における安定性がバツグンだからですね。
建具の框ほど、反張を嫌い、寸法安定度を嫌うものはありません。

加えて、通直性があるというのは、住宅の1つの大きなエレメントにおいて、気品があるからです。
大柄な木目というものは木を愛する人であれば誰しも好ましく思うところですが、壁面いっぱいに建具が並べば、その好ましさも一気に興醒めし、うざったく思わされることでしょう。

同様に、このタモ材の白さが好感されるということもあるでしょう。白を基調とした材色は空間に馴染みやすいものです。
More »

『〈木〉と修復・保存』講座のご案内

MoMA(ニューヨーク近代美術館)に席を置き、館内の美術工芸品の管理、修復の業務に携わっておられるRoger Griffithが来日され、本年5月末に開催される、松本クラフトフェアに併せ、タイトルに記した講座が開催されることとなりましたので、ご案内いたします。

〈木〉と修復・保存

  • 会期:2017年5月27日(土)16ー18h
  • 会場:県の森文化会館 本館(旧制 松本高校・信州大学キャンパス跡地、重要建造物)
  • 講師:Roger Griffith(ニューヨーク近代美術館 修復保存部門 Associate Conservator)
  • 受講費用:4,000円(当日、会場にて徴収)
  • 主催:木の大学講座運営委員会(代表:阿部藏之・平田哲生)
  • 申込方法:主催者の阿部蔵之氏のBlogにある「受講申込書」をダウンロードし、申し込んでください。

講師 Roger Griffithさんのプロフィール

Roger_Griffith__MoMAMoMAでの職務に就く以前は、James Madison Universityでファインアート・包括 デザイン・グラフィックデザインを修学。

その後〈College of the Red
woods Fine Wood working Program〉カリフォルニアの州立木工芸短大「カレッジ・オブ・ レッドウッド」において世界的木工家 J・クレノフ氏の下でに学び、
さらにその後、英国 ロイヤル カレッジ オブ アート/ ビクトリア アルバート ミュージアム大学院(Objects & Furniture)を経るという学識を積み上げてきた人でもあります。
学位:MA – Masters of Art Conservation (Objects & Furniture)

実務としては、メトロポリタンミュージアムアート部門、STEDELIJK MUSEAM(Amsterdam)を経、1998年、現在のMoMAの職場へと移籍しています。

この間、彫刻、オブジェ、装飾美術の修復保存に携わる中で、木はもちろん、プラスチック、セラミック、漆、紙など様々な素材の研究、実務で研鑽を積み、現在は所属するMoMAでの実務の他、大学、美術館関連部門での講演など多彩な活動を展開中です。

現在、Roger Griffith氏はMoMAから長期休暇を与えられ(こうした職場では、一定期間を勤め上げると、半年単位ほどの休暇を与えられるようです)、来日し、国内での調査研究(遊学?)や大学(武蔵美、東京芸大、京都大学、福岡大学、東北大学など)、美術館(森美術館、大分県立美術館など)でのレクチャー、講演、
さらには韓国へと脚を伸ばし、同様に大学(ソウル大学他)、美術館(国立近代美術館、光州市立美術館など)でのレクチャー、シンポジウムなどに参加され、研究調査活動を展開中とのことです。
More »

七回忌を迎える3.11震災被害(続

メルトダウン原発の廃炉への道は見えてるか

震災後、必死になって読みあさった資料、文献の一部

3.11大震災が深刻だったのは、大きな地震と史上稀にみる巨大津波の威力とともに、何よりも原発の過酷事故による被災というところに大きな特徴がある。

  • 影響を及ぼす範囲が地球規模という広域性
  • 膨大に放出された放射性物質Cs-137(セシウム137)の半減期が30年という、影響を及ぼす時間軸の長大さ
  • 目には見えないものの、人間が生存することを拒否するその猛毒性の深刻さ

これまで幾たびも日本列島は大地震に見舞われ、大きな傷跡を残しつも、しかしたくましく復興させ、生活基盤を再生してきた歴史だったとも言える。

しかし3.11大震災は、この原発過酷事故を伴ったために、復興の歩みは他の震災とは大きく様相を異にしている。

福島第一原子力発電所(以下、F1)の過酷事故。4基のうち3基までが炉心溶融(メルトダウン)の壊滅的破綻を起こし、既に6年。

このF1は当然にも廃炉決断へと追いやられ、日々漏洩する汚染水対策とともに、人類未踏の難事業に取り掛かっている。
しかし廃炉への具体的方策は未だに見いだせず、断片的に伝えられる報道からは、6年を経た現段階でもなんらポジティブなものが見いだせないという状況。

以下、小出裕章氏のF1(福島第一原子力発電所)・2号機の現状解説の一部を引用する

More »

七回忌を迎える3.11震災被害

2011年3月11日、北関東から東北一帯、沿岸部に襲いかかった震災被害から今日で6年を迎える。

私たちの生活に深く根を下ろしている仏教の概念からすれば、犠牲者遺族にとっては七回忌と言うことになる。
その数、15,891人。

さらに、6年経ち、未だに行方不明者としてリストされる2,584人を加えれば、18,475人という数になる。
福島県下で、あるいは全国に散らばった避難先で、犠牲者遺族の法要が執り行われたものと思う。(人数は警察庁、2014.03.11現在)。

行方不明者の家族にとり遺体が揚がらぬままに迎える6年目をどう受け止めているのだろうか、その胸中は安易な想像を拒否するほどのものがあるだろう。

そして未だに沿岸部に向かい、我が子を捜し求めスコップを振るう親、あるいは新たに潜水士の免許を取り、海中に娘の姿を探し求める親もいるとのこと。

通常の死者との関係で考えれば、故人を意識外に置き、弛み無く日常を送りつつある遺族もこの日ばかりは故人に向き合う場というものが七回忌ということになるのだろうが、3.11犠牲者遺族にとっては、それほど単純では無い。

今日、政府主催の追悼式が執り行われた(福島や仙台で無くて、なぜ東京でなのだろう?)が、これに併せ毎年決まって開かる記者会見は開かれなかった。
「節目」だからだそうだ(ハフィントンポスト)。


なるほど、6年という月日の流れは節目と言われるほどの時間の単位なのか。
More »

小さなキャビネット

ケンポナシ(玄圃梨)の壁掛けタイプのキャビネット。

80年代末期の制作。
私が木工を初めて数年後の習作。

少し前、旧い工房を整理していたら出てきたもの。つまりは死蔵品。

想い起こせば、1988年の夏、J・クレノフ氏による高山でのキャビネット講座があり、そこではクレノフ氏自身による指導の下、1つのキャビネットを制作したのですが、その後、この経験を元に、地元開催の原木市で買い求めたケンポナシの根上の杢を木取り、クレノフスタイルの小さなウォールキャビネットの制作に挑んだというわけです。

懐かしく、気恥ずかしく、またちょっぴり思い入れのある習作ですね。
More »